緑茶は、奇跡の飲み物として海外でブームになっている
●緑茶とミカンを毎日摂取している人は、がんの発症リスクが17%減少
緑茶を1日1杯以上飲み、さらにミカンなどの柑橘類を
毎日食べている人は、がんの発症リスクが17%も低い
 
●マドンナもハマっている蕎麦
蕎麦は食物繊維が豊富で血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので
太りにくくダイエットをサポートしてくれる
さらに美肌に欠かせないビタミンB2やタンパク質が豊富

(0)

スポンサード リンク
●モイストヒートが中心の和食は、老化予防に効果的
食品に含まれる糖とタンパク質を加熱すると老化の原因物質のAGEができる
AGEは調理法によって生成される量が変わることが分かっている
 
和食は、煮る、茹でる、蒸すなど
モイストヒートと呼ばれる水を使う調理法が中心
一方、海外では、焼く、揚げるなど
ドライヒートと呼ばれる水を使わない調理法が中心
老化の原因物質AGEは、高温で加熱すればするほど多くなる
モイストヒートよりもドライヒートの方が温度が高い
海外よりも和食の方が、AGEが少なく老化予防に効果的な食事
 
焼く、揚げるではなく蒸す、茹でるは、
AGEの摂取量の約50%をカットできる研究結果も報告されている
 
●和食には、長寿ホルモン:アディポネクチンが豊富
動脈硬化、メタボ、糖尿病を予防する効果など長寿には欠かせない働きがある
アディポネクチンを増やす主な食品は、雑穀、大豆食品、緑茶、海藻、青魚
青魚に含まれるEPAが、アディポネクチンの分泌量を増やすと考えられている

(0)

布団マイスター:林義浩によると
●羽毛布団をフワフワに保つには、丸めてつぶす
 
羽毛布団は、寝ている間に空気と一緒に大量の汗を吸収している
そのまま使い続けると蒸発した汗の塩分や
油分が羽毛を固め、へたってしまう
布団をつぶすことで汗や臭いを吸収した空気を追い出し、
フワフワな状態を保つことができる
 
ポイントは、30秒ほど優しくつぶして、
しっかりと中の湿気を逃がすこと

(10)

●佃島
本能寺の変で織田信長を討った明智光秀は、
堺にいた徳川家康も標的としていた
逃げる家康の前に大きな川が立ちふさがる
困っていた家康を船で渡らせたのが、佃村に住む漁民だった
命からがら逃げることに成功した家康は、1603年、江戸幕府を開く
命を助けてもらった佃村の漁民を江戸に呼び寄せ、
徳川家専属の漁師として招き、現在の月島の近くに土地を与えた
彼らが住んでいた場所を佃島と名付けた
 
●佃煮
佃島の漁師は、漁で捕れた大きな魚を徳川家に献上し、
売り物にもならない小さな魚は塩水で煮て食べていた
江戸中期、庶民にも醤油が出回ると
佃島の漁師は余った魚を醤油で煮て食べるように
その醤油で煮た魚が美味しいと評判となり町で売り出し、全国に広まった
佃島で作った煮ものを佃煮と呼ばれるようになった

(0)

販売するのは、株式会社エバートロン
油の中にもわずかに水分がある
揚げ物の際、油や食材の水分が突沸現象により食材に穴があく
Dr.Fryをフライヤーに設置すると1秒間に5万回の振動が起こり、
水分がより小さい分子になり、
食材に穴があかず、水分や旨味が逃げず
油の侵入を防ぎ、食材が吸う油の吸収量を平均50%削減する
さらに油の中で匂い移りがしない
油に氷を入れても、大丈夫

(2)

「何 食べたい?」と聞き、「何でもいい」と答えてきたので
男性が選択すると、男女で揉めるケースが多い
 
●女性の「何でもいい」は、自分が好きなモノなら何でもいいという事
 
男性の「何でもいい」は、本当に何でもいいと考えるが、
女性の「何でもいい」は、
自分が好きなモノなら何でもいいという意味
 
男性は察する努力をするべき、女性はなるべく説明するべき
女性は責任を負いたくない生き物

(6)

深作眼科:深作秀春によると
●大量の水を一気に飲むと緑内障になる危険性がある
 
たっぷりの水を飲むと体の水分が増え、
目の中の水分も急激に増える
眼圧が高まると視神経を圧迫し、視神経障害を起こす
脳に送る視神経が傷ついたことにより視野が狭まっていく
 
体の大きさにもよるが、
1リットル~500㏄の水を5分で飲み切ると
緑内障をおこしやすい人は、眼圧が上がる

(152)

深作眼科:深作秀春によると
目の健康寿命は、70年
 
●目の上下左右運動すると網膜剥離になる危険性がある
目の健康のために目の周りの筋肉を鍛えようと、
上下左右運動をする人が多いが、やめた方がよい
目を激しく動かすと網膜が破れてしまう
それが広がると網膜剥離をおこすことがある
 
花粉症で目をこすって網膜剥離が起きたケースも

(28)

鮭には、シャケとサケの2つの呼び方がある
シャケはサケから生まれた言葉ではなく、
全く別々に生まれた呼び方で、どちらが正しいワケでもない
 
●先に生まれたのは、サケ
平安時代に作られた延喜式という法令集には、
伊豆はサケの干物を120匹 納めなければならないと書かれている
平安時代には、サケが一般的だった
鮭の由来は、鮭の身が裂けやすいため
 
●シャケは、江戸時代から使われ始めた
アイヌ語で鮭を意味する言葉が、変化してシャケになったと考えられている
北海道で暮らしていたアイヌ人は、鮭を食べ、鮭の皮で服や靴を作っていた
アイヌ人は、鮭をシャケンベと呼んでいた
江戸幕府とアイヌ人は、鮭と米を交換する交易をはじめ、
江戸の町に大量のシャケンベが届けられた
その後、シャケンベのシャケだけをとり、シャケと呼ばれるようになった

(7)

10人に1、2人の割合で
まつ毛ダニが、まつ毛の毛根にいる
 
まつ毛の薄い女性あれば
アイメークを落とす際にまつ毛ダニも洗い落とせるが、
まつ毛の濃い女性は、メークが残りやすい
 
それをエサにまつ毛ダニは、どんどん増える
 
まつ毛が最近 生えてこない原因になっている可能性もある

(11)

スポンサード リンク