新幹線の「のぞみ号」の名付け親は、阿川佐和子

●新幹線の「のぞみ号」の名付け親は、阿川佐和子
 
当時、阿川は新しい新幹線の名前を決める
命名委員のひとりだった
 
名前を一般公募し、たくさんの名前からJR東海が厳選
一番人気が「希望」という名前だった
 
そこで阿川が
「希望ね。希望を大和言葉にすると「のぞみ」ですね」
と言い残し、会場を後にした
 
すると「のぞみ」に決まりました、と後日 聞かされたという

(952)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク