玉ねぎに含まれるケルセチンには、大腸がんの細胞を殺す力がある

2017年6月、カナダのゲルフ大学が玉ねぎに大腸がんの細胞を殺す力があると発表
 
大腸がんの細胞を培養した容器に
玉ねぎに含まれるケルセチンを入れると
がん細胞が自滅していった
 
特に効果が高いのは、赤玉ねぎ
赤玉ねぎの赤い部分に含まれるアントシアニンの色素が、
ケルセチンの働きを活性化させる
赤玉ねぎを食べることで大腸がんの進行を遅らせることが期待できる
 
ケルセチンは熱に強く、油と一緒に摂取すると吸収効率がアップする

(1)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク