福岡でサバを生で食べることができるワケ

福岡では、サバを刺身や生のゴマサバなど生で食べる
しかしそれ以外の地域では、
サバを酢で〆たり焼かないと食べられない
サバを食べて食中毒を起こす主な原因は、
アニサキスという寄生虫
アニサキスは、どこで獲れたサバにもいる寄生虫
 
太平洋で獲れるサバに寄生するアニサキスは、
体内を自由に動き回るため身を食べると食中毒を起こす
 
しかし日本海側で獲れるサバの身には、
調べてみるとアニサキスがほとんどおらず、
内臓から移動しない別のアニサキスだと分かった
そのため福岡ではサバを生で食べることができる

(0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク