ピーマンは、もともと唐辛子だった

●ピーマンは、もともと唐辛子だった
 
ピーマンは唐辛子の一種です、と図鑑にも書かれている
 
コロンブスが中南米から持ち帰った唐辛子は、
ヨーロッパで品種改良され、
ピーマンが生まれた、と考えられている
 
同様に ししとうやパプリカも唐辛子の仲間
 
●日本語のピーマンの由来
ピーマンはフランス語、もしくはスペイン語のピメント、
トウガラシを指す
明治期では西洋とうがらし、甘とうがらしと言われていた

(139)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク