不眠症になると がんのリスクが約6倍になる

強い日差しを浴びると体内時計をコントロールするホルモンが
減少するため睡眠不足になりやすい
 
アメリカの大学の研究によると
睡眠時間が6時間以下の人は、
風邪、脳卒中のリスクが約4倍になることが分かった
 
さらに睡眠不足が悪化し、
不眠症になると がんのリスクが約6倍になるという
がんを抑制するホルモンが分泌されなくなるためと考えられている

(0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク