ニシンの卵なのに「数の子」と呼ばれるワケ

おせち料理には欠かせない数の子は、ニシンの卵
 
●ニシンの卵なのに「数の子」と呼ばれるワケ
 
ニシンを、北海道では「カドイワシ」と言う
 
ニシンの卵を「カドイワシの子」と呼び、
「カドのこ」⇒「数の子」と変化したという

(0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク