新聞の端がギザギザになっているワケ

●新聞の端がギザギザになっているワケ
日本経済新聞によると、
物凄い速さで印刷された分厚く重なった新聞を
のこぎり状の刃で突き破いているから
その製造工程は、
最新ニュースの紙面データを
アルミ板に焼き付け、輪転機に取り付ける
長さ15キロのロール状の紙に印刷され、
1分間に約1200万部のスピードで作られる
新聞の全てのページを1つの重ねたら、三角板で2つ折りに
このとき新聞は繋がっているため1部ずつに切らなけらばいけない
分厚く重なった新聞を一気に切るには、
まず尖った金具を突き刺してページがズレないようにし、
次に強い力でのこぎり状の刃を押し込み、
紙を突き破る要領でカットする
そのため切り口が刃の形のようにギザギザになる
新聞の下についている小さい穴は、
カット時に尖った金具を突き刺した跡

(23)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク