林修が理想とする本屋の特徴

1、岩波文庫が揃っているか?
昭和2年、日本で初めて文庫本を発売した岩波書店のレーベル
古典的価値を持つ本を多く出版している
岩波文庫は返本ができず、すべて本屋が買い取らないといけない
扱う場合、本屋にもそれなりの覚悟が必要で、店員の目利きが確か
 
2、岩波文庫の白帯が多い
赤:外国文学
青:人文、思想、歴史
白:社会
緑:現代文学
黄:古典文学
岩波文庫の白帯が多い店は、ほかの本の種類も充実している
 
3、講談社学術文庫も取り揃えている
林は、講談社学術文庫を持っている数が、
そのまま人間偏差値に比例するという偏見がある
学術をポケットに入れるをモットーに美術書や歴史書が豊富

(1)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク