睡眠時間が5時間以下の人は、糖尿病の発症リスクが5.4倍

睡眠専門医:白浜龍太郎によると
●睡眠時間が5時間以下の人は、糖尿病の発症リスクが5.4倍
1日の睡眠時間が平均5時間以下の人は、
7時間を超えている人に比べて、
糖尿病を発症するリスクが5.4倍
 
●睡眠と糖尿病の関係
睡眠時間が短いと血糖値を上げるホルモンが多く分泌されてしまう
さらに睡眠時間が短いとインシュリンの働きが鈍くなる
最終的に糖尿病になるリスクが上昇する
 
7時間を切ると糖尿病の発症リスクが上がって来る

(29)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク