第一子は、他の兄弟に比べ 一番成績が良い

アメリカ政府が、1990年から2008年にかけて
10歳~14歳の子供を持つ母親を対象に調査
 
自分の子供が成績優秀だと思う割合
 
第一子:34%
 
第二子:32%
 
第三子:30%
 
第四子:28%
 
第一子は、他の兄弟に比べ、一番成績が良い傾向にあった
出生順位が遅いほど、教育経験年数が少なくなる傾向がある
第一子は、教育にかける親の投資が多い
 
その傾向は、特に女子にみられ、
医師や教師に女子(長女)が多い傾向がある

(71)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク