日本で初めて販売されたスライスした食パンは、8枚切り

東日本では薄切り食パンが好まれ、
西日本では厚切り食パンが好まれている
 
日本で初めてスライスした食パンを販売したのは、銀座木村屋
その枚数は、8枚切り
●日本で初めて販売されたスライスした食パンは、8枚切り
終戦後、昭和32年、GHQがサンドイッチを作りたいと
8枚切りの食パンを銀座木村屋に注文
これが8枚切りの食パンを販売するきっかけ
8枚切りの食パンは日本全国に普及
 
昭和35年、神戸屋が6枚切りキャンペーンを行った
当時、まだご飯が主流で、朝食にパンを食べてもらうため、
食べ応えがあるようにと6枚切りを広め、大ヒット
 
大阪を中心に朝食をご飯食からパン食に変える人が増えた
さらに4枚切り、5枚切りを販売したところ、大ヒット
西日本では朝食に食パンの文化が根付いた

(0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク