Category Archives: 企業/商品

2011年にがんで亡くなったスティーブ・ジョブズは、
ティム・クックにアップル社を託した
クックは、ジョブズが好まなかったゴールドカラー製品を世に出し、幅広い層の需要の掘り起こしに成功した
そんなクックが、一から手掛けたのが、AppleWatch
様々な機能を持つAppleWatchだが、
クックが強力に推し進めているのが、ヘルスケア
歩数計機能やパーソナルトレーナーのような機能がある
アップル社は、AppleWatchに関して、下記の特許を持っている
血糖値の測定、血圧の測定、体温の測定、発汗量の測定、血中酸素濃度の測定、静脈パターンの測定、生命危機時の緊急連絡
さらにがんや心臓疾患など重大な病気の早期発見も技術的に可能となっている
実用化されればAppleWatchをつけているだけで
人間ドックに行かなくても、
持ち主の健康に異常があれば瞬時に教えてくれるようになる
 
クックは、人類の不老不死を実現しようとしている
ジョブズが生み出してきた製品には、「i」が付く
当然、AppleWatchも「iWatch」になると誰もが思っていた
AppleWatchの由来は、ギリシャ神話に登場するゴールデンアップル
食べれば不老不死が得られるといわれる果実
人類に不老不死をもたらす、ゴールデンアップルを本気で作ろうとしている
だからこそジョブズが愛した「i」の冠を外してまで名前に「Apple」を入れた
ゴールドカラーの製品を販売したのも
ゴールデンアップルを作って見せるという決意の表れではないか

(18)

スポンサード リンク
食材の全てが北海道八雲町産のご当地居酒屋 北海道八雲町
 
●馴染みのない地名をあえて店名にしたワケ
この店名は八雲町 自治体公認の店名
八雲町の食材は、これまで北海道産の一部でしかなかった
公認居酒屋ができれば
八雲町の漁師や農家は、店に優先的に出荷し販売する
居酒屋の社長の幼馴染が
八雲町に転勤し、食材を送ってくれた
食べてみると感動し、居酒屋開店を発想した
 
●公認居酒屋のおかげで、ふるさと納税で街の収益が11億円もアップした
慶応義塾大学教授:岸博幸によると
この居酒屋を全国の市町村が注目している
公認居酒屋に来た客は、八雲町を検索する
八雲町の返礼品目当てに ふるさと納税をする人が増加
単なる居酒屋が、町おこしに直結する要素を持っていることになる
他にも佐賀県三瀬村や北海道厚岸、
長崎県小値賀町のアンテナショップ型居酒屋がオープンしている

(46)

1952年に発売された永谷園のお茶漬け海苔
料亭などで〆として食べられていたお茶漬けを家庭で手軽に楽しめるように開発された
 
●緑色の粒の正体は、抹茶
永谷園は、江戸時代 緑茶の製法を確立させた永谷宗円がルーツで、元々 お茶屋を経営
そのためお茶にはとことんこだわり、お茶漬けに最も合う抹茶を使用している
抹茶、昆布をベースにした調味料、砂糖、食塩、水などいれて混ぜ合わせ
 
●あられの形は、お茶漬けの種類によって異なる
お茶漬け海苔のあれらは、細長い
お茶漬け海苔以外に使われているあられは、丸く小さい
 
●お茶ではなくお湯をかけるのが正しい
すでに抹茶が入っているので、お湯をかけるだけで良い

(7)

1973年に発売された桃屋の江戸むらさき ごはんですよ!
 
●あおさ海苔を使用
おにぎりなどで使用する黒海苔で佃煮を作ると
風味が悪くて固い食感になってしまう
海苔の風味が良い あおさ海苔を使用し、
トロっとした柔らかい食感に仕上げている
伊勢湾と三河湾で採れた高級海苔を使用している
 
●味付けは砂糖と醤油以外に、隠し味にホタテとカツオの旨み
ホタテとカツオからとった旨みエキスを隠し味を追加している
 
●開封したら2週間を目安に食べ切った方が良い
保存料が一切入っていないので、意外と賞味期限が短い
 
●ごはんですよ!の商品名
商品が完成した時にどんな商品名にするか先代の社長が悩んでいた
ある日、社長の奥さんが「ごはんですよ!」と夕飯ができたことを伝えに来た
「それだ!」と商品名に決めたが、周りの社員からは大反対だった

(21)

1972年に発売された森永製菓のチョコモナカジャンボ
年間1億5000万個以上を販売している
 
●パリパリしているモナカ
和菓子のモナカは、餅粉を使用しているが、
チョコモナカジャンボは小麦粉を使っている
さらにパリパリ食感を保つために
モナカの内側にチョコを薄くコーティングしている
バニラアイスの水分をモナカに移りにくくしている
 
●ジャンボ?
1972年に発売したチョコモナカは、現在の半分ほどの大きさだった
1980年に現在の2/3の大きさのチョコモナカデラックスを発売
1996年に大きくしたチョコモナカジャンボを発売しヒット

(5)

井村屋のあずきバー
1973年、ぜんざいを そのままアイスにするという発想から誕生
年間の売上は、2億5000万本以上
 
●1日24トンも あずきを使用している
その中から5~7㎜の大きさのあずきや 色の悪いあずきを選別している
 
●あずきバーが固すぎる理由
あずきバーの原材料は、砂糖、小豆、水飴、コーンスターチ、食塩のみ
乳化剤などアイスを柔らかくする添加物が一切入っていないため固い
 
●あずきバーを ぜんざいにする
あずきバーを電子レンジで1分ほど温めるとぜんざいになる

(3)

飲食店のトイレなどで見かける地球一周の船旅のポスター
新宿駅周辺では、地球一周の船旅のポスターが1000枚以上貼られている
東京都全体では、2万5000枚以上
 
●ピースボートの地球一周ポスターが、至るところに大量に貼られているワケ
 
約100日間かけて世界各地に船で立ち寄り、観光する旅行
旅行代金は、1番安くて99万円~、1人部屋で300万円~となっている
実は、ポスターが大量に貼られているのは、
店舗3件にポスターを貼ると1000円分の割引になり、
ポスターを貼れば貼るほど、船賃が割引になっていく制度がある
 
ピースボートとは、1983年、大学生を中心に設立された団体で、
国際交流、社会学習が目的の船旅を企画
当初は参加者にポスター貼りなどの事前準備をボランティアで手伝ってもらっていたが、ボランティアを頑張れば頑張るほど、船に乗りにくくなってしまう矛盾を解決するために制度が設けられた

(7)

●マクドナルドのチキンナゲットは、4種類の形しかない
 
原材料は、もちろん鶏肉
手作業で部位ごとにカットし、機械でミンチにして味付け
 
続いてミンチ肉を型取り、4種類のパターンに形成する
BELL(ベル)、BOOT(ブーツ)、BALL(ボール)、
BONE(骨)とそれぞれ名前までついている
 
そして特製天ぷら粉で衣つけ、油で揚げてから、
さらにスチームオーブンで焼き上げる

(22)

●花王の社名は「顔」が由来
 
明治時代、庶民が使っていた国産石鹸は、
顔を洗うと肌荒れを起こす粗悪なものばかり
 
そこで花王の創業者 長瀬富郎は、
安心して顔を洗ってもらいたいと
顔を洗える質の良い石鹸を開発
 
社名も、顔を洗うの「かお」→「かおう」
 
漢字はイメージの良い「花」と
業界のトップを目指す意味で「王」で「花王」となった

(24)

スイカにLINE-Xを吹きかけ、乾燥させる
そのスイカを高さ45mの位置から落下させると
ボールのように跳ね返って割れなくなる
 
硬化剤と主剤を混ぜ合わせたポリウレア樹脂は、
弾力性と形状記憶の能力が生まれる
 
さらに斧で何回叩いても全く割れない
 
この塗料を建物に塗れば耐震強度がアップする
 
日本では橋の強度を上げるのに応用され始めている

(69)

スポンサード リンク