Category Archives: 美容/健康/医療

ある研究によると、人間の目は、20代からの15年で20%も縮小するという
 
●メイク落としで目が小さくなる
眼科専門医:平松類によると
目をゴシゴシと擦ってメイクを落とすことで、
まぶたを持ち上げる筋肉:眼瞼挙筋にダメージを与え、
徐々に目が小さくなっていく
メイクを落とす際、焦らずに
浮かせてから優しく流すことが大切
 
●つけまつげで目が小さくなる
つけまつげの重みによって
まぶたの裏側にあるミュラー筋が伸びてしまい、
眼瞼下垂という、まぶたが上がりにくい状態になる
眼瞼下垂は、元に戻りにくいため 結果 目が小さくなってしまう

(16)

スポンサード リンク
うつ病を経験した243人に、うつの兆候についてアンケート調査した結果
 
1、不眠
うつになった患者の9割が不眠。午前3~4時に目覚めてしまい眠りたいのに眠れなくなってしまう早朝覚醒に悩んでしまう
 
2、ふったり疲れる
うつの時は、体から力が抜けてしまっているので体を起こしているだけで大きな負荷がかかってしまう
 
3、体を動かす気力がわかなくなる
 
4、頭が痛い・重い
ヨーロッパで2万人を対象に調査。朝起きた時に頭痛がする人のうち、4人に1人がうつ状態と判明した
 
5、一日中、悲しい気持ちが続く
風景が霞んで見える反動でで派手な色を物を持つようになった人も
 
6、好きだった本、新聞、テレビを観なくなる
文章や話を理解し楽しむためには集中力、記憶力、判断力が必要。話が理解できないのは、うつの典型的な症状
 
7、死にたいと思う
 
8、動作が鈍くなる
 
9、家事や仕事ができなくなった
 
10、自分のダメなことばかり考えるようになる

(14)

●しらたき
アメリカでは「しらたき」を「ミラクルヌードル」
と呼ばれるほどダイエットで人気の食材
 
●やり方
主食の、ご飯や麺を しらたきに代えるだけ
おかずは何を食べてもOK
 
●効果
1、しらたきに含まれる食物繊維グルコマンナンは、
糖質や脂質などのカロリーの吸収を阻害する効果がある
2、しらたきは、食物繊維が白米の10倍、お通じが良くなる
 
●しらたきご飯の作り方
茶碗一杯で白米252kcalと比べてしらたきご飯は198kcalと21%オフ
作り方は、しらたきを細かく刻んで
白米3:しらたき1の割合で雑穀を少し入れて炊き上げる

(17)

文教大学 中島滋 教授によると
●かつお節には食欲を無理なく抑える作用がある
 
かつお節に含まれるヒスチジンが、
脳の満腹中枢に作用し食欲を抑えてくれる
 
食べ方にコツがある
ヒスチジンは、そのまま食べた方が効率よく摂取できる
ご飯にかけたり、冷奴にかけるのが、オススメ

(6)

●冷たい緑茶を飲むと免疫力が高まる
農研機構食品研究部門:山本万里によると
緑茶に含まれるエピガロカテキンは、免疫力を高める作用がある
エピガロカテキンは、温かい緑茶よりも
冷たい緑茶の方が多く抽出されることが分かっている
カテキンは、LDLコレステロールを下げることも分かっている
飲むタイミングは、食事の後がベスト
濃い緑茶は胃を荒らすので、食後に飲むのが効果的
●茶殻には緑茶成分の70%の栄養が含まれている
茶殻を料理に活用すると、さらにカテキン効果が得られる
●緑茶を飲めば飲むほど、死亡率が下がる
2015年、国立がん研究センターが
緑茶を飲む習慣が、死亡リスクを減らし長寿につながると発表
約9万人を約20年間 追跡調査した結果、
緑茶を飲む量が多くなるほど、死亡率が下がることが分かった

(5)

アイソメトリック運動の要素を取り入れた腹筋
筋肉の長さを変えず筋肉に負荷をかける運動のこと
●下腹 二段腹に効く5秒腹筋
鍛える筋肉は、お腹を真っすぐに覆う腹直筋
1、拳を作り、首の根元に小指を当て後頭部を固定する
肘の位置を耳より上にする
2、片足を一歩前に出し、つま先に力を入れる
3、鼻から息を吸い込み、お腹をヘコませる
4、口から息を吐きながらゆっくりと腹直筋を上から押すように力を入れる
5、この状態で5秒キープ
6、鼻から息を吸いながら元の姿勢に戻る
お腹に空き缶があり、それを縦につぶすイメージで行う
腹筋が圧縮される動作をより認識しやすい
5秒腹筋一回で、通常の腹筋の5倍の運動量がある
●脇腹のたるみに効く5秒腹筋
鍛える筋肉は腹斜筋
普段あまり使わないので、余分な脂肪がつきやすい
1、拳を作り、首の根元に小指を当て後頭部を固定する
肘の位置を耳より上にする
2、右足を一歩前に出し、かかとに力を入れる
3、鼻から息を吸い込み、お腹をヘコませる
4、口から息を吐きながらゆっくりと右脇腹をねじりながら腹斜筋に力を入れる
5、この状態で5秒キープ
6、鼻から息を吸いながら元の姿勢に戻る
●ポッコリお腹に効く5秒腹筋
鍛える筋肉は腹横筋
1、うつぶせの状態で、両肘を床につける
2、右手で丸を作り、左手を添え、土台にし、頭を乗せる
3、つま先を支えにし、ゆっくりと全身でアーチを作る
4、お腹に力を入れたまま5秒間キープ
5、その後、床につかない程度までお腹を下げる
6、これを10回 3セット行う
●座りながらできる5秒腹筋
鍛える筋肉は、背骨と足の骨を結ぶ腸腰筋
1、姿勢を正して椅子に座る
2、両手を机の上に置く
3、左ひざで机を押し上げるように上げ、両手は机を強く押し下げる
4、その状態で5秒キープ
5、元に戻す、左右交互に10回、3セット行う

(51)

●朝食を食べない人は、食べる人と比べて肥満になる確率が5倍
空腹時が長くなると昼食時 血糖値が上昇
次いつ食べられるか分からないからと
白色脂肪細胞が脂肪を溜めておく
こうして太りやすい体になってしまう
 
●朝食を抜いて空腹によるストレスを抱え続けると脳出血のリスクが3割増加する
空腹によるストレスが脳出血の
要因である血圧を上昇させてしまう
 
●朝食を食べないと低体温になる確率が2倍
朝食を週4日以上 食べないと
食べる人と比べて、低体温になる確率が2倍に増加する

(2)

トマトジュースに含まれるリコピンは、
悪玉コレステロールを減少させ、ダイエットや美肌に効果がある
 
管理栄養士:伊達友美によると
●トマトジュースは、レンジでチンするとリコピンの吸収率が約3倍も上がる
 
トマトの細胞には、固い細胞壁があり、
リコピンはその細胞壁で守られている
細胞壁を破壊する方法は、トマトを加熱するだけ
トマトジュースの場合、コップ一杯なら
600Wの電子レンジで1分半温めればOK
一度加熱すれば細胞壁は壊れているので
そのあと冷やして飲んでも効果は同じ

(3)

毎食の食事に1杯の酢しょうがを加えるだけのダイエット
温かいものと食べた方が効果が増す
 
●作り方
1、しょうがをすりおろす
2、レンジ(600W)で1分加熱
3、しょうがと同量の酢を加える
4、一晩浸けたら完成
 
●効果
しょうがが血行を良くして基礎代謝を上げ、
脂肪や糖分を燃焼させる
酢にも脂肪を燃焼させる効果がある
基礎体温が1度上がると基礎代謝が約12%もアップする

(0)

スポンサード リンク