Category Archives: 食べ物/飲み物

●豚肉は、牛肉よりもビタミンB1が10倍
牛肉と豚肉には、栄養学的に差がある
豚肉は、牛肉と比べてビタミンBが10倍
ビタミンBは、脳の代謝に必要
認知機能を保つためには牛肉より豚肉
豚肉に含まれるビタミンBは、
全ての食材の中でトップクラス
 
東京都健康長寿医療センターによると
年をとるに連れ、体力や免疫力が低下するので、
70歳以上の高齢者は、高校生や成人よりも
多くのタンパク質を摂らないといけない
 
●ビタミンB1をより良く摂れる豚肉料理
豚肉に含まれるビタミンB1は、水溶性
しゃぶしゃぶにすると、ほとんど流れ出てしまう
炒めても、油の煮汁の中に流れ出てしまうので失われてしまう
とんかつは衣で包まれているので、ビタミンB1は流れ出ない
高齢期になれば、茹でるより焼く、焼くよりも揚げるがベスト

(1)

スポンサード リンク
●ピザとピッツァの違い
ナポリピッツァの定義は、
1、窯の床面で直焼きし、燃料は薪、もしくは木くず
2、生地の材料は、小麦粉、塩、イースト、水のみ
3、生地は手だけを使って伸ばす
4、仕上がりは、ふっくらと額縁がある
ピッツァは生地を楽しむ食べ物
それに対し、ピザは、たくさんのせた具材を楽しむ食べ物
 
●マルゲリータピッツァは、マルゲリータ王妃をもてなす為に考案された
ナポリのピッツェリア「ピエトロ…エ・バスタ・コジ」の
ピッツァ職人のラファエレ・エスポジトが、
1898年にウンベルト1世とマルゲリータ王妃夫妻を迎えるため、
イタリア国旗の緑・白・赤を表現したこのピザを考案した
 
●アメリカにピザが広まったのは、第二次世界大戦後から
アメリカでピザが普及したのは、第二次世界大戦が終わってから
イタリアに進駐していた米兵が、現地で食べたピザを気に入り、
アメリカに帰還した後にピザが食べたいと米兵の味覚で広まった

(7)

●ラムネは、ペリーの発音が聞き取れなかった勘違いが由来
幕末、ペリーが来航したとき、レモネードも日本に伝わった
その際、ペリーのレモネードの発音が、
日本人には「ラムネ」に聞こえたため、
ラムネと呼ばれるようになった
なのでラムネは、元々レモン風味だった
 
●サイダーは明治維新の頃に日本で誕生
横浜にあったノース&レー商会は、外国人が経営していた
当時のサイダーは、ラムネを改良して作られ、
炭酸水にリンゴ風味をつけた飲み物だった
当時、リンゴで作ったお酒は、フランス語でシードル、
英語ではサイダーと言っていたので、
同じリンゴから作った飲み物をサイダーと名付けた
その後、時代に合わせて味を改良して、
レモン風味、リンゴ風味の香料を減らし、
ラムネもサイダーも同じような味に変わった

(8)

よく昔から銀杏を食べすぎてはいけないと言われてきた
医学博士:岸本篤郎によると
●銀杏を食べ過ぎると中毒になる
  
銀杏を普通に食べれば栄養もあって良いが、
たくさん食べると痙攣や嘔吐の恐れがある
 
日本中毒情報センターによると
銀杏の経口中毒量は、小児7個~、大人40個~
と小児の量が意外と少ない

(1)

カレーを作るには、玉ねぎを飴色になるまで炒めるのが常套と思われがちだが、
実は、炒めても そこまで甘くならない
 
●玉ねぎの甘さを引き出すには、炒めずに丸ごと煮た方が良い
 
玉ねぎを飴色になるまで炒めると香ばしくなるが、甘くならない
玉ねぎの辛み成分 硫化アリルは、加熱することで甘み成分に変わる
炒める方法だと、熱を加える前に玉ねぎを切り、
揮発性の高い硫化アリルが飛んでしまい、
甘み成分に変わる量が減ってしまう
 
2/3ほど浸かるくらいの水で30分煮るだけ
30分経ったら玉ねぎを取り出し、乱切り
カレーの材料として使用するだけ

(25)

お風呂上がりには、コーヒー牛乳……しかし、
●コーヒー牛乳は、この世から消滅している
 
生乳100%ものしか「牛乳」と表記できなくなったため
 
現在ではコーヒー乳飲料などと表記している
2000年に起きた集団食中毒事件がきっかけ
 
雪印の汚染された牛乳を飲んだ国民1万2000人が
下痢や嘔吐の症状を訴える事件が発生
これにより規制を厳格化し、
1000%の生乳以外「牛乳」の表記が使えなくなった

(25)

高級牛肉の代名詞 松坂牛
松坂牛は、黒毛和種であること、
三重県の決められた地域で飼育されることなどの条件がある
約500頭の松坂牛を飼育する伊藤牧場によると
 
●松坂牛は、子供を産んでいないメスしかなれない
 
オスよりもメスの方が、脂がさっぱりした味わいで
肉質も柔らかくて美味しいと言われている

(5)

枝豆もだだちゃ豆も大豆になる前の未成熟な豆
一般的な枝豆は青豆、だだちゃ豆は茶豆
山形県鶴岡市で栽培している茶豆だけを「だだちゃ豆」という
鶴岡市の寒暖の差が、甘みのあるだだちゃ豆を作っている
だだちゃ豆の「ちゃ」は「茶豆」の「ちゃ」ではない
●だだちゃ豆の「だだちゃ」は、鶴岡市の方言で「お父さん」を意味する
 
江戸時代に献上された枝豆を庄内藩の殿様が、
「こんなに美味しい枝豆を作ったのは、どこのだだちゃか?」
と尋ねたことが由来とされている
ちなみにお母さんを「ががちゃ」という

(16)

三元豚といえば、高級ブランド豚の代名詞となっているが、
●三元豚は、高級ブランド豚のことではない
 
どんな種類の豚でも異なる3種類の豚をかけ合わせれば三元豚
 
そのため同じ三元豚でも
ブランド豚を掛け合わせた高級な三元豚もあれば
安い豚同士を掛け合わせた激安三元豚が存在する

(8)

●アイスクリームとソフトクリームの違い
 
アイスクリームもソフトクリームも原料は、ほぼ同じ
ソフトクリームは、材料を混ぜた液状のミックスを
店の機械で冷やし固め、作り立てを売っている
一方アイスクリームは、柔らかいクリームを
カップなどに入れて、低温で冷凍する
 
出来立てのアイスクリームが、ソフトクリーム
ソフトクリームは、アイスクリームよりも温度が高く柔らかいのが特徴

(7)

スポンサード リンク