Category Archives: 食べ物/飲み物

●マクドナルドのチキンナゲットは、4種類の形しかない
 
原材料は、もちろん鶏肉
手作業で部位ごとにカットし、機械でミンチにして味付け
 
続いてミンチ肉を型取り、4種類のパターンに形成する
BELL(ベル)、BOOT(ブーツ)、BALL(ボール)、
BONE(骨)とそれぞれ名前までついている
 
そして特製天ぷら粉で衣つけ、油で揚げてから、
さらにスチームオーブンで焼き上げる

(14)

スポンサード リンク
大阪大学:小倉明彦 教授によると
●ベーグルは、ユダヤ教の厳しい戒律でも食べられるために開発された美味しくないパン
 
ベーグルは、元々ユダヤ人の民族食
迫害を受けてきたユダヤ人にとって
敵が来た時に身一つで逃げられるように
持ち運びが便利な小さくて硬くて
潰れないパンとして作られたもの
 
さらにユダヤ教は戒律が厳しく、
乳製品と肉を一緒に食べてはいけない
そこで卵とバターを使用しない、
味が二の次のベーグルが作られた

(20)

工学院大学:山田昌治 教授によると
●ゆでうどんを電子レンジで加熱するとコシが出る
 
スーパーで売られている ゆでうどんは、
水分を多めに含んでいる多加水麺
 
袋から取り出しラップをしないで
レンジで5分ほど加熱し水分を飛ばす
1分 茹でればコシのあるうどんになる

(296)

3枚におろしたアジの身を叩いて細かく切る
アジは、骨が多い魚で小骨を抜くのが面倒なため、
小骨も叩き切り、食べやすくしている
叩いて切ることから、アジのたたきに
 
一方、カツオのたたきは、叩いているようには見えない
5枚におろしたカツオに塩を振り、
臭みを消すために藁で焼く
焼き色がついたところでカツオを切っていく
そして、塩とポン酢をかけて、カツオを手で叩く
叩くことで、カツオがまろやかになるという

(17)

●アスパラガスにはオスとメスがある
メスはオスよりも芽を出す数が極端に少なくなるため、
その分1本1本に栄養素が多く分配され、
甘みや旨みが凝縮しているので美味しい
 
●アスパラガスのオスとメスの見分け方
穂先がキュッとしまっているのがメス、
バラバラになっているのがオス
市場に出回っているアスパラガスの大半がオスなので、
キュッとしまったアスパラガスを見つけたら
メスの可能性が考えられる

(67)

昔は、鉄分のために ひじきを食べなさいとよく言われた時代があった
●鉄分が多いと言われていた ひじきだが、実はそうでもない
 
鉄分が多かった原因は、調理で使っていた鉄鍋
昔の鍋は鉄鍋
鉄鍋の鉄分を、いっぱい吸収していただけ
 
改めて、ひじきの成分量を調べたところ、
ステンレス鍋で調理をすると、鉄分はそうでもないことが分かった
 
ひじきの鉄分量
鉄鍋で調理した場合、100gあたり58.2㎎
ステンレス鍋で調理した場合、100gあたり6.2㎎

(2)

レタス何個分の食物繊維と例えに使われがちのレタス
●食物繊維が豊富なイメージのあるレタスだが、実はそんなに多くない
 
100g中の食物繊維量は、レタス:1.1g
しらたき:2.9g
ごぼう:5.7g
干し柿:10.8g
干しシイタケ:41.0g
他の食材と比べても、明らかに少ない
 
日本人  1日の食物繊維 摂取目標量は、
成人男性20g以上、成人女性18g以上
レタスだけで摂ろうとすると、レタス5玉~6玉 食べなけらばならない

(3)

●宇宙に納豆を持ち好むのは禁止されている
 
1992年、秋山豊寛に次ぐ、
二人目の日本人宇宙飛行士となった毛利衛さん
毛利さんは、宇宙に納豆を持っていこうとし試みた
しかし納豆のネバネバの糸が宇宙空間で機材に付着し、
故障の原因となるという理由でNASAに持ち込みを断られた
 
以来、宇宙に納豆をを持ち込んだことは無い

(6)

主に炒飯や野菜炒めに使われるXO醬
豆板醤、オイスターソースと並び、中華料理の定番調味料
日本にXO醬を広めたのは、中華料理人:周富徳
 
●中華料理の定番調味料 XO醬のXOの意味
XOとは、最高級ブランデーX.Oのこと
最高級ブランデーX.Oに名前のみ あやかっただけ
実際、ブランデーは入っていない
 
その作り方は、低温の油で干し貝柱を素揚げ
エシャロットとニンニクを油で炒め、
そこへ大量の干しエビを入れて、弱火でかき混ぜる
さらに鷹の爪を入れ、金華ハムを追加
最後に塩魚と干し貝柱を入れて、1時間に詰める

(7)

スーパーで激安で売られているエビ ブラックタイガー
 
●スーパーでよく見かけるブラックタイガーは全部 子ども
 
ブラックタイガーが大人になると、
全長30㎝以上 体重400g以上になる
一般的に売られているブラックタイガーは、海外で養殖したもの
食卓で使いやすいサイズになると
出荷されるため、まだ成長途中の子どものエビ
 
天然のブラックタイガーは、大人になるまで育つため巨大化する
大人になったブラックタイガーは、シータイガーと呼ばれている

(171)

スポンサード リンク