不治の病と言われたHIVが、完治する新薬が開発された

●不治の病と言われたHIVが、完治する新薬が開発された
丸田佳奈 医師によると、イギリスのオックスフォード大学、
ケンブリッジ大学など5校による共同研究チームが
開発した新薬が、血中からHIVウイルスの完全除去に成功した
 
イギリスの研究チームが開発した治療法により
44歳男性のエイズが完治した
 
このまま再発しなければ世界で初めての治療法となる
 
HIVは、霊長類を自然宿主とするサル免疫不全ウイルスが、
突然変異によってヒトへの感染性を獲得したと考えられている
非常に変異しやすいウイルスであり、ウイルスの表面抗原が
それぞれ違うといえるほど多種多様な型があり、
ワクチンを作成する事は困難とされてきた

(110)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク