●女性より男性の方が肝臓がんになりやすい
女性ホルモンは肝臓に脂肪をつきにくくするだけでなく
肝臓が悪くなって肝臓がんに進行していくのを遅らせる働きもある
同じ脂肪肝の状態になったとしても
女性の方が肝臓がんに進行しにくい
そして鉄分
鉄分は肝臓に非常に悪いミネラルと言われている
肝臓に鉄分が溜まると病気の進行を早める可能性がある
肝臓が悪くなった患者は、血を抜く治療も行われている
女性は、毎月 月経があるのでその分 鉄分が男性よりも少ない

(3)

スポンサード リンク
片頭痛の患者数は、約840万人
原因は、ストレスや刺激
天候や気圧、温度にも敏感に反応して片頭痛になることも
 
東京女子医科大学:清水俊彦によると
●女性は男性より片頭痛になりやすい頭痛原因物質多く持っている
片頭痛患者は、男性1:女性4の割合
 
脳の血管には三叉神経がはびこっている
ストレスなどを受けると血小板からセロトニンが急激に放出される
それに反応して脳の血管が一時的に縮まる
時間と共にリラックスするとセロトニンは消えて無くなる
するとその反動で脳の血管が拡張し、三叉神経を刺激する
 
女性の場合は、日常の家事から解放されるとき、
一気にリラックスすることで片頭痛が起こりやすい
 
女性ホルモンのエストロゲンがセロトニンに構造が似ている
そのため月経前後など女性ホルモンが多く出る時には、
セロトニンも勘違いして放出されてしまう
結果 片頭痛が起こってしまう
 
女性は香水や芳香剤など匂いを身につける
匂いの刺激は、片頭痛を悪化させる一つの要素
派手なアクセサリーや洋服など色の刺激も脳を刺激して片頭痛を起こしやすい
 
●片頭痛の人は、旅行で新幹線に乗る時、通路側に座った方が良い
定期的に目の前で物が動くのを見ると脳が刺激されて片頭痛が起こりやすい

(3)

池袋大谷クリニック:大谷義夫によると
●女性より男性の方が、ダイエットに効果的な呼吸法をしている
 
呼吸には腹式と胸式の2種類ある
女性は胸式呼吸が多く、男性は腹式呼吸が多い
腹式呼吸と胸式呼吸で使う呼吸筋が異なる
胸式呼吸は肋間筋で肺を広げたり縮めたりしている
腹式呼吸は、肺の下の最も面積の大きい横隔膜を使う
 
男性に多い腹式呼吸が、筋肉をより動かしてくれる
女性は妊娠すると腹式呼吸がしづらい
そのため本能的に胸式呼吸になったと考えられている

(4)

芝大門いまづクリニック:今津嘉宏によると
●男性より女性の方が、便秘になりやすい
便秘に悩む男性は20.4%、女性は38.8%
 
●女性は男性に比べて腸が約5㎝長い
便秘がちが女性は、常に腸に便が溜まるので、便の重さで腸が伸びる
女性同士で比べても高齢者の方が腸が長く便秘も多くなる
腸が長いと食べ物の通過時間が長い
大腸は水分を吸収する
通過時間が速いと下痢に、遅いと便秘になる
腸が長いと便秘になりやすい
 
●さらに女性は男性に比べて筋肉が少ない
筋肉を動かすと熱が発生する
お腹の中の臓器も温まり、腸が活発に動く
しかし女性は筋肉が少なく、腸が温まりにくい
 
●便が腸に留まる時間
便秘でない男性は、約7時間
便秘でない女性は、約32時間
便秘の女性は、約110時間

(14)

カナダ マギル大学の研究によると
●女性より男性の方が、詐欺にかかりにくい
 
脳に安心感を与えるホルモン:セロトニンの量が大きく関係している
男性は女性よりもセロトニンの量が、52%も多い
セロトニンの量が多いと気持ちが安定する
セロトニンの量が少ないと情緒不安定になりやすい
情緒不安定になると冷静な判断が困難となり、
つけこまれ詐欺にかかりやすい
 
女性が詐欺などのトラブルに巻き込まれたら、
一人で判断せず男性に相談した方が良い

(5)

他者の失敗を見聞きした時に起こる喜びや
嬉しさなどの快い感情をシャーデンフロイデという
 
●女性より男性の方が、他人の不幸を喜ぶ
2006年、ロンドン大学の研究
他人の不幸に対して男女の脳がどう反応するのかを調査
ある人物に苦痛を与えた時、
それが好感を持った相手であれば男女とも
脳の共感や痛みを感じる部分が活発に反応し、
同情を感じていることが分かった
しかしそれが嫌いな相手だった場合、
男性は共感の反応が全く見られず、満足感が増大、
一方女性はわずかに共感を示した
 
男性は敵が不幸になると喜び、
女性の方が相手の不幸に共感する能力が高い

(9)

ノルウェー科学技術大学の研究によると
●男性より女性の方が記憶力が良い
 
4万6000人の男女を対象に、記憶力テストを行い、
人名、3日前の出来事、会話内容など9つの項目に答えてもらった
 
すると年齢に関係なく、
9項目中、8項目で女性の方が正解率が高かった
一般的な勉強に関する記憶力は、男女の差はない
感情が絡むような記憶は、女性の方が優れている
感情を司る偏桃体と記憶を司る海馬の位置は近い
偏桃体が反応し、感情が動くと、海馬が記憶するようになっている
この連携が女性の方が優れている

(7)

イエール大学の研究によると
●男性より女性の方が味覚が優れている
 
人間の舌には、味を感じる味蕾が
数千個から1万個くらいあるが、
その数は、男女で違うことが判明した
男性より女性の方が、味蕾の数が多いため
繊細に味の違いを感じることができる
食の安全を守るため女性は、
進化の過程で味覚が発達したと考えられる
 
●プロの料理人に男性が多い理由
女性はホルモン分泌のため、優れた味覚なのに安定していない
プロの料理人は、安定した味を提供しなければいけない

(2)

現在、スーパーで売られているスイカの祖先は、
アフリカ南部の砂漠に育つカラハリスイカ
スイカが誕生したのは、2500万年以上前
その中身は、種は黒いのに、果肉は真っ白
果肉は、甘くなく、固くて少し苦い
カラハリスイカの種が、エジプトやギリシャに運ばれ、
地中海沿岸で栽培され、品種改良を重ね、世界に広まった
 
スイカが日本に伝わったのは、本能寺の変の少し前の1579年
ポルトガル人が長崎に持ってきた
江戸時代になるとカットしたスイカが
水菓子として露店で売られていた

(1)

お願いや謝罪、告白など、どのタイミングで行えば
成功率が上がるのか?多くの学者が研究している
 
ミシガン大学の研究によると
気付かないかもしれないが、人は日々、天候の影響を受けている
湿度、温度条件が良いときは、身体も快適なので
相手が自分に対して魅力的な印象を持つ
人が快適に感じるのは、気温20℃前後、湿度40~60%
相手が快適なときにお願いすれば、
受け入れてもらえる確率が上がる
 
さらに人は、脳や体が大きな疲労を感じているとき、
深い思考を潜在的に拒絶してしまう傾向があり、
外部からの情報を簡単に受け入れてしまう

(2)

スポンサード リンク