●ラムネは、ペリーの発音が聞き取れなかった勘違いが由来
幕末、ペリーが来航したとき、レモネードも日本に伝わった
その際、ペリーのレモネードの発音が、
日本人には「ラムネ」に聞こえたため、
ラムネと呼ばれるようになった
なのでラムネは、元々レモン風味だった
 
●サイダーは明治維新の頃に日本で誕生
横浜にあったノース&レー商会は、外国人が経営していた
当時のサイダーは、ラムネを改良して作られ、
炭酸水にリンゴ風味をつけた飲み物だった
当時、リンゴで作ったお酒は、フランス語でシードル、
英語ではサイダーと言っていたので、
同じリンゴから作った飲み物をサイダーと名付けた
その後、時代に合わせて味を改良して、
レモン風味、リンゴ風味の香料を減らし、
ラムネもサイダーも同じような味に変わった

(9)

スポンサード リンク
むくみは、お酒を飲んだ次の日や寝不足が原因と思いがちだが、
お酒とむくみは、直接の関係はない
お茶の水血管外科クリニック:広川雅之によると
 
●むくみとは、皮下脂肪に水が溜まっている状態
特に女性の場合は、男性に比べて皮下脂肪が多いので、むくみやすい
 
●むくみの原因
1、うつ伏せで寝ている
朝むくむのは、横になることで下半身の水が下半身に移動している
さらにうつ伏せで寝ることで、重力で顔に水が集まり、むくむ
特にまぶたは皮膚が薄いので、むくみが一番現れやすい
 
2、前日の夜に塩分をたくさん摂る
塩分に含まれるナトリウムは、体に水を溜まりやすくする
過剰な塩分は摂らないほうが良い
 
●お酒を飲んだ次の日にむくむ理由は、塩分
アルコールには、利尿作用があるので、
アルコールだけ飲むと脱水しやすい
しかし、お酒のつまみは塩っ辛い
塩分の多いつまみを多く食べれば、過剰な塩分摂取となる
お酒を飲むだけで塩分を控えれば、むくみにくい

(4)

●1ヶ月の「ヶ」は、カタカナの「ケ」ではない
 
元々、1ヶ月は、中国で「一箇月」と書かれていた
それが日本に伝わり、日本で「1ヵ月」と「1ヶ月」が誕生した
「1ヵ月」は「箇」を片仮名の「カ」と読み、形を変えた
 
「1ヶ月」の「ヶ」は、「箇」の「竹冠」の「竹」を省略した「ケ」
昔 中国で「箇」は画数が多く、
書くのが面倒と省略して書き始めたと言わている
「1箇月」とは別に「1ヶ月」が日本に伝わった

(7)

●山手線の歴史上 たった2日で廃止された駅がある
 
明治天皇の皇后 昭憲皇太后のお葬式で
霊柩を京都まで運ぶための仮の駅を代々木公園に作った
その葬場殿仮停車場は、
1914年5月24日と5月25日の2日間だけ稼働した
 
大正天皇の霊柩を運ぶ際も、新宿御苑に作った
1927年2月、3か月の突貫工事で完成した新宿御苑仮停車場は、
あまりにも立派な停車場で壊すのが勿体ないと
1927年に現在のJR高野駅に移築された

(13)

明治18年、当時45歳の伊藤博文には、
東京、大阪、広島と全国各地に何人もの愛人がいた
特に可愛がっていた愛人が、
自宅で大工として雇っていた田村半助の娘:喜勢子
喜勢子に麻布にあった豪邸を一見丸ごとプレゼント
当時のゴシップ誌 萬朝報が、
愛人の名前、豪邸の住所を掲載
 
「伊藤よ、女遊びはたしなめてはどうか」と明治天皇に忠告されても
「私は財産や豪邸などいりませぬ。ただ公務の間に芸者の相手をするのが何よりも好き
なのです」と開き直る始末
 
記事の影響か、喜勢子が病死
博文は、まず喜勢子の妹、次女のつね子を愛人にした
さらにつね子が亡くなると父親に莫大な金品を与えて、
三女で当時16歳の雪子にも愛人になるように要求した
 
萬朝報は、父親に金をちらつかせ、
美人姉妹を次々愛人にする総理と
報じたことで日本全国に知れ渡ることに
 
明治時代の民法では、既婚男性でも相手が
未婚であれば浮気してもOKだった。既婚女性の浮気はNGだった

(174)

弥生時代は、日本列島における時代区分の一つであり、
紀元前10世紀頃から、紀元後3世紀中頃までにあたる時代
縄文時代の後、水稲農耕を主とした生産経済の時代
 
●弥生時代の弥生の由来は、東京の弥生町
東京都文京区弥生町にある弥生二丁目遺跡から
発掘された土器が発見地に因み、
弥生式土器と呼ばれたことに由来する
千住で発見されれば、千住時代となっていたかもしれない

(5)

●視力が良いと老眼になるのが早いのはウソ
 
視力が良い人が老眼になりやすいのも、
近視の人が老眼になりにくいのも、両方 勘違い
老眼になるのは、目のピントを合わせる水晶体が、
老化とともに動きづらくなるため
 
老眼を意識し始めるのは、44歳6か月
 
元々目が良い人は、老眼に気付きやすいので早く感じ、
近視の人は、老眼に気付いていないケースが多い

(5)

●乗り物酔いをしたときは、氷を舐めると良い
耳は、聞くだけでなく、
体の回転や傾きのセンサーを持っている
 
乗り物に乗って、目から入ってくる情報に
耳が追い付かなくなり、そのギャップで酔ってしまう
それは胃液や唾液が異常に分泌される副交感神経優位の状態
 
氷の冷たさで交感神経が刺激され、
副交感神経の働きを抑えてくれる
氷のほかにも唐辛子でも効果がある

(5)

●人の体の中で最強の筋肉を持つのは、アゴ
筋肉には様々な大きさがあるが、
全ての筋肉を同じ大きさにした時、アゴが強い
噛む力は、女性で40キロ相当、
男性で60キロ相当の力になる
スポーツ選手だと100キロ相当の人もいると言われる
 
●よく噛む人は顔が短く、噛む力が弱い人は面長になる
歯ぎしりが多い人は、顔が短い人が多い

(20)

スポンサード リンク