Tag Archives: 便秘

理化学研究所:辨野義己によると
小学生の5人に1人が、便秘と言われている
 
●便秘の人は、うつ病になりやすい
 
やる気を起こすドーパミンや
幸福感をもたらすセロトニンは、腸で作られる
 
便秘で腸内環境が悪化すれば、これらの物質が作られず
うつ病を引き起こす現認になる

(4)

スポンサード リンク
芝大門いまづクリニック:今津嘉宏によると
●男性より女性の方が、便秘になりやすい
便秘に悩む男性は20.4%、女性は38.8%
 
●女性は男性に比べて腸が約5㎝長い
便秘がちが女性は、常に腸に便が溜まるので、便の重さで腸が伸びる
女性同士で比べても高齢者の方が腸が長く便秘も多くなる
腸が長いと食べ物の通過時間が長い
大腸は水分を吸収する
通過時間が速いと下痢に、遅いと便秘になる
腸が長いと便秘になりやすい
 
●さらに女性は男性に比べて筋肉が少ない
筋肉を動かすと熱が発生する
お腹の中の臓器も温まり、腸が活発に動く
しかし女性は筋肉が少なく、腸が温まりにくい
 
●便が腸に留まる時間
便秘でない男性は、約7時間
便秘でない女性は、約32時間
便秘の女性は、約110時間

(175)

東邦大学医療センター大森病院:瓜田純久によると
トイレに籠るのは、3分まで
 
便秘の際、トイレに長く座っていると
便通がますます悪くなるだけでなく、命に危険に晒されることも
排尿、排便で気張ると血圧が上がり、脳卒中のリスクが高くなる
3分で出なかったら、一度撤退して、
ゴロゴロ寝返りをうつような運動をすると良い
 
寝返りをうつと腸の中のガスや便が動く
中に溜まったガスや便が移動することでつまりが解消される

(69)

昭和大学:今井孝成によると
●アレルギーを抑えるTレグ細胞とは?
 
花粉自体は、体にとって悪い物質ではないが、
花粉が体内に入ってきた時に
免疫細胞が悪い病原体と勘違いし、
過剰に攻撃することで炎症を引き起こし、
くしゃみや鼻水などの症状が出る
Tレグ細胞は外部から入ってきた物質を
悪い物質か?良い物質か?判断し、
免疫細胞に指令を出す役割がある
Tレグ細胞はアレルギー物質によって種類が異なる
 
●ダニアレルギーに効果のあるTレグ細胞の増やす方法
舌下免疫療法:舌の下にダニのエキスが
含まれた錠剤を投与することでTレグ細胞を増やせる
2015年から保険適用になった治療法
 
●食物アレルギーに効果のあるTレグ細胞を増やす方法
東京理科大学がマウスに行った研究
昆布を食べると乳酸菌が増え、
その結果 腸のTレグ細胞が増えるという
食べ過ぎると むくみや便秘の原因になってしまう
とろろ昆布のみそ汁を週に2、3回程度が目安

(254)

皮膚科医:高橋栄里によると
●硬水で体臭が臭くなるのは、全くのデマ
 
体臭の原因のひとつに、便秘がある
便が腸に長く居座ると、腸の中で悪玉菌が増え、
便の臭いが体の外に放出される
 
軟水はミネラルが少ないため和食を作る際に適している
 
硬水はマグネシウムが多く胃腸を刺激し、便秘を改善する

(15)

スポンサード リンク