Tag Archives: 神社

毎年11月に酉の市が開催される新宿 花園神社
熊手を商う露天商や出店が多く立ち並ぶ
 
●ベイマックスは、花園神社の鈴がモデル
監督のドン・ホールが、リサーチのために新宿を散策
偶然訪れた花園神社で鈴を見て、
ベイマックスの顔のデザインを思いついた
映画の興行は大成功し、お礼参りで、新たに鈴を奉納した
 
ちなみに境内には、江戸時代から演劇などの興行に
縁が深かったことから芸能にまつわる芸能浅間神社がある
36年前に八代亜紀が奉納した碑がある

(0)

スポンサード リンク
●鳥居を赤く塗るのは、腐食を防ぐ意味もあった
鳥居の赤い成分には、水銀の化合物が含まれている
水銀の化合物(辰砂)には防腐作用があり、
それを塗ることで木が腐らないようにしている
 
他にも信仰的な理由で赤くしている鳥居もある
 
厳島神社の大鳥居が水に浸かっても腐りにくいのは、
赤い塗料の防腐効果だと言われている
 
●神社にイチョウの木が多いのは、火災から守るため
イチョウの木は、多くの水分を含んでいるため、
防火林の役割があるとも言われている

(266)

●日本史上最恐の怨霊:崇徳天皇を祀る白峯神宮
その門には、皇族下馬下乗の立て札がある
皇族でも馬や輿を降りなければならない
祀っているのは、第75代 崇徳天皇
1156年、政権争いに敗れ、四国に流された崇徳天皇は、
死者の冥福を祈り、自らの血で写経し、
朝廷におさめようとしたのだが、
朝廷から破られた写経がつき返された
これに怒った崇徳天皇は、舌を噛みきり
「日本国の大魔縁になる」と言い残し亡くなったと伝えられている
その後、平家、源氏と続き、徳川まで政権が天皇家に帰ってこなかった
 
大政奉還で政権が帰ってくると、
明治天皇が最も心配したのは、崇徳天皇の呪いだった
そこで崇徳天皇の呪いを鎮めようと1868年に創設されたのが白峯神宮

(222)

●京都誕生のきっかけとなった早良親王を祀る御霊神社
京都御所の北側に位置する御霊神社
江戸時代の観光書「都名所図会」では、
数ある観光地の中で京都御所に次いで二番目に記載されている
お祀りする神様は、桓武天皇の弟 早良親王
 
遷都した794年の少し前、京都市の隣 長岡市に都があったころ、
無実の罪を着せられ早良親王が亡くなった直後から、
大災害や疫病が流行し長岡京は荒れ果てた
すべては弟の怒り…そう考えた桓武天皇は、
都を現在の京都に移し、その際、何より先に造らせたのが、
早良親王の魂を強く鎮める御霊神社だった
 
日本には古来より、非業の死を遂げた人物を祀り、
負のパワーを鎮めることで後利益に変える信仰がある

(123)

1661年に建てられた水舎門(赤門)を抜けると…
・250個以上もの灯篭が立ち並ぶ
石灯篭が209基、銅灯篭が48基、計267基
各地の大名が家康気に入られるために奉納した灯篭
唐門の脇にある6基の灯篭は、徳川御三家が奉納
 
・柵で仕切られた五重塔
これは旧東照宮の五重塔
明治政府の神仏分離令で寛永寺の所有となり、
現在は東京都に寄付され、上野公園の敷地内にある
 
・御神木:樹齢600年の楠
この辺りは、幕末の戊辰戦争でほぼ全ての建物が消失している
その後、さらに東京大空襲も
東照宮に落ちた焼夷弾が不発となり、東照宮だけは無傷だった
参拝者は、御神木の落ち葉が人気でお守りとして持ち帰っている
 
・左甚五郎作の龍の彫刻
唐門の両脇には、左甚五郎の龍の彫刻がある
上を向いているのが降り龍、下を向いているのが昇り龍
偉い人ほど首を垂れるという家康の教えが込められている
 
・黄金の社殿、家康の御神像がおさめられた本殿
江戸幕府の御用絵師:狩野探幽が描いた獅子が壁を彩る

(121)

スポンサード リンク