いよかんは、元々山口県で誕生した

全国生産量の約9割が愛媛で生産されている いよかん
愛媛の旧地名 伊予からその名がついた
 
●いよかんは、元々山口県で誕生した
 
愛媛は、苗木を貰っただけ
 
いよかんは、オレンジとミカンが偶然かけ合わさってできたもので
明治19年に山口県で原木が発見された
その後、愛媛の園芸家が苗木を持ち帰り、栽培
愛媛の気候、風土に合い、県内の農家に広がり、
山口生まれの果物が、伊予の特産となった

(11)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク