かっぱえびせんの筋は、10本と決まっている

1964年に発売された「かっぱえびせん」
カルビー:江藤真治によると
●かっぱえびせんの筋は、10本と決まっている
筋を入れているのは、食感を良くするのと
塩と油が絡みやすくするため
何度も試した結果、10本がベストと判断したが、
生地の端の方は、11本や9本が存在する
 
●全て天然のエビを頭から尻尾まで丸ごと使用
使用されるエビは、甘エビ、赤エビ、サルエビ、キシエビの4種類
鯵の違うエビをブレンドすることで独特な風味を生み出している
 
●かっぱえびせんの「かっぱ」の由来
当時流行していたマンガ「かっぱ天国」の人気にあやかろうと
「かっぱあられ」という商品を発売
その20代目くらいに当たるのが「かっぱえびせん」
「かっぱ」の人気にあやかって名付けた

(1150)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク