凍らせてがん細胞を破壊するがん凍結治療

腎臓がんの場合、4㎝以下の比較的初期のがんに限られる
直径1.5㎜以下の細長い針を使用する
がんの大きさによって針の本数は変わる
針を皮膚の上から直接腎臓のがんに刺す
針の先端は超低温になる
がんに刺して、10分~15分で凍らせたら一度解凍
さらに10分~15分凍らせて、もう一度解凍すれば、
がん細胞を破壊することができる
 
メスを使ってガンを切除するよりも体への負担が少なく、
体力のない高齢者に向いている
通常の手術の場合、最低1週間必要だが、
凍結治療は3泊4日程度で退院できる
保険適用で3割負担の場合、入院費込みで約23万円~

(1)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク