睡眠時間が短い子供は、将来 アルツハイマー病になりやすい

アルツハイマー病は、診断される20年前から発症している
40歳ころから密かに病気が進行していることもある
●早期発見のカギを握るのは、物忘れよりもニオイが分からなくなること
アルツハイマー病を発症すると、記憶を司る海馬よりも先に
嗅覚に関わる嗅内皮質が委縮する
そのため記憶障害よりも先に嗅覚の低下が表れる
 
●睡眠時間が短い子供は、将来 アルツハイマー病になりやすい
睡眠時間が6時間以下の子供は、
大人になっても記憶をつかさどる海馬が成長せず、
将来 アルツハイマー病になりやすいことが分かった
脳の成長に関わる12歳までは、最低9時間の睡眠をとった方が良い

(1)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク