ウエディングケーキの3段目は、1年後に夫婦で食べるためのケーキだった

ウエディングケーキは、本来 豪華に見せるために
積み重ねているわけではない
 
●ウエディングケーキの3段目は、1年後に夫婦で食べるためのケーキだった
 
ウエディングケーキは、19世紀にイギリスで誕生した
その頃から3段重ねで作られており、その3段にはそれぞれ意味がある
 
1段目は、当日に新郎と新婦と参列者が食べて、
喜びを分かち合うためのケーキ
 
2段目は、結婚式の欠席者に配るためのケーキ
 
3段目は、結婚1周年記念として新郎新婦が食べて、
改めて夫婦の絆を確認するためのケーキ

(4)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク