ウミガメのオスとメスは、砂の温度で決まる

ウミガメの産卵は、4月~8月
日本再保忌憚の産卵場所は、千葉県房総半島
 
産卵するときに流す涙は、涙ではなく塩分を含んだ粘液
体内の塩分濃度を調整している
 
ウミガメのオスとメスの決まり方は、遺伝ではない
●ウミガメのオスとメスは、砂の温度で決まる
 
砂の中の卵は、2か月ほどで孵化し、地上に出てくる
この砂の中にいるときの温度が、29℃を境に性別が分かれる
28℃以下だとオス、30℃以上だとメス、29℃だとほぼ同じ割合
 
不思議なのが、地域や日にちで
性別の数のバランスがとれているという

(1220)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク