キャラメルコーンにピーナッツが入っているワケ

東ハトが製造するキャラメルコーン

箸休め的な役割を果たしているピーナッツだが、

一緒に入っているのには理由がある

●キャラメルコーンにピーナッツが入っているワケ

それは、塩を袋全体に行き渡らせるため

コーンスナックの上に塩を振ったピーナッツを入れ、

梱包作業や輸送中などの揺れでピーナッツは沈下

ピーナッツについた塩が袋全体に行き渡る仕組み

 

さらにコーンにピーナッツの香り付けをする効果もある

 

あえて皮付きのピーナッツを使用することで

皮独特の渋みや苦みがコーンの甘さを引き立てている

(35)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク