懸命に働くよりもゴマをする方が効果的

●良い人より嫌な奴の平均年収は、100万円高い
良い人と嫌な人を、どう区別するのか?
良い人とは、人付き合いを重んじる人
嫌な人とは、人付き合いを気にせず、同調性の低い人
 
●懸命に働くよりもゴマをする方が効果的
実際にゴマをする、お世辞を言うことが、どのくらい効果があるかを
スタンフォード大学ビジネススクール ジェフリーフェファーが研究
その結果、どんなに見え透いたゴマすりでも効果があった
ゴマは、すり続けた方が、
すり続けるほど効果は絶大だということが分かった

(1)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク