スイカの種は、すべて白から黒になるわけではない

千葉大学大学院:丸尾達によると
スイカの種は、元々 全て白い
黒くなる種と白いままの種の2種類 存在する
●スイカの種は、すべて白から黒になるわけではない
 
受精して発達してきた種が黒くなり、
受精しなくて発達しなかった種が白いまま
 
スイカは種を蒔いてから約3~4か月で花が咲く
雄花の花粉が雌花に付着し、実が膨らみ始める
雌花で受粉した花粉は管を伸ばす
実の中にある種に受精する
そのときに全ての種に受精するわけではないので
白いままの種と黒くなる種に分かれる

(47)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク