息を止めるとストレスに強くなる

ストレスには、良いストレスと悪いストレスがある
良いストレスは、アドレナリンの分泌量が急増し、集中力や自信が強化される
悪いストレスは、仕事への意欲や関心が薄れる無気力症や
持続して仕事したことで起きる燃え尽き症候群を引き起こす
2017年、北海道大学がストレスによる体への悪影響のメカニズムを解明した
ストレスは、胃腸や心臓に不調をもたらし、病気や突然死を招く
 
ストレスを与え続けると免疫細胞が脳内の血管に集まり、炎症を起こす
その影響で胃腸にも炎症や出血を引き起こすことが分かった
 
●息を止めるとストレスに強くなる
息を止めると前頭葉がリラックス状態になり、幸せホルモンのセロトニンが出る
ストレスを感じにくくなり、副交感神経が活性化する
その結果、緊張や興奮が和らぎ、リラックス効果が得られる

(34)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク