毛玉ができやすいセーターとできにくいセーターの違い

●毛玉ができやすいセーターとできにくいセーターの違い
その違いは、素材
そもそも毛玉は、服が擦れて摩擦によって毛が絡まることで発生する
アクリルやナイロンのような化学繊維は毛玉ができやすく、
ウールやカシミヤなどの天然繊維は毛玉ができにくい
 
実は、天然繊維も同じように毛玉ができているが、
化学繊維に比べて、切れやすいため、
少しの摩擦で毛玉が取れてしまいセーターに毛玉が残りづらいだけ
 
毛玉できる最大の理由は、摩擦によって起きる静電気
静電気防止スプレーをかけることで毛玉を防止できる

(21)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク