チョコモナカジャンボのモナカの食感が保てる理由

1972年に発売された森永製菓のチョコモナカジャンボ
年間1億5000万個以上を販売している
 
●パリパリしているモナカ
和菓子のモナカは、餅粉を使用しているが、
チョコモナカジャンボは小麦粉を使っている
さらにパリパリ食感を保つために
モナカの内側にチョコを薄くコーティングしている
バニラアイスの水分をモナカに移りにくくしている
 
●ジャンボ?
1972年に発売したチョコモナカは、現在の半分ほどの大きさだった
1980年に現在の2/3の大きさのチョコモナカデラックスを発売
1996年に大きくしたチョコモナカジャンボを発売しヒット

(41)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク