ダイエットをしているのに痩せないのは、腸内にいるデブ菌が大きな原因

東京医科歯科大学:藤田紘一郎によると
●ダイエットをしているのに痩せないのは、腸内にいるデブ菌が大きな原因
それは大腸にいるフィルミクテス門は、糖や脂肪を溜め込む性質があるため
少ない食べ物でも大量のエネルギーを吸収、つまり太りやすい体に
 
腸の中にいる細菌は200種類100兆個以上
その中には善玉菌、悪玉菌、どちらとも言えない日和見菌がいる
その日和見菌のうち脂肪を溜め込むデブ菌と
脂肪を燃焼してくれる痩せ菌が存在する
悪玉菌が多くなると日和見菌の中でよりデブ菌が繁殖し、勢力が拡大
この状態でダイエットを続けていても効果はない
一方善玉菌が多くなると痩せ菌が増殖、痩せやすい体になる
 
●デブ菌チェック
1、小食なのに太っている
2、ダイエットをしても成果が出ない
3、納豆、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品をあまり食べない
4、風邪をひきやすい
5、肌の調子が悪い
6、運動をあまりしない
7、大便、おならがすごく臭い
8、便秘がち、あるいは下痢をすることが多い
当てはまる数が4つ以上の人は、
デブ菌が増えている、または増える可能性が高い
 
デブ菌を減らして腸をリセットするには、食生活が大事
デブ菌の好物は、高脂肪、高カロリーな食べ物
食物繊維が多く低脂肪な食べ物を摂ることで痩せ菌が増えていく
●デブ菌を撃退する酢キャベツ
1、千切りにしたキャベツ(1/2個)に塩(小さじ2)を加えてしんなりするまで揉む
2、酢(200ml)を加え、軽く揉む
3、冷蔵庫で半日漬け込んで完成
キャベツの食物繊維は、デブ菌の繁殖を抑える
酢は悪玉菌の繁殖を防ぐ効果が期待できる
毎食100g(小皿一杯)ほど食べるのが、理想
味噌汁やハンバーグの種に加えるのもアリ

(16)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク