ハンバーグの空気抜きは、ほぼ空気が抜けてない

ハンバーグは、こねてから
タネをパンパン空気抜きする工程があるが、
●ハンバーグの空気抜きは、ほぼ空気が抜けてない
 
この動きは、ハンバーグに欠かせない作業で
空気を抜くのではなく、空気を散らしている
 
ハンバーグを焼いたときにひび割れてしまう原因が、空気の膨張
タネを叩くことで空気を細かく散らす
気泡が分散し、ハンバーグが割れにくくなる

(41)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク