パトカーが白黒になったワケ

●パトカーが白黒になったワケ
 
戦後間もない1950年、進駐軍からの払い下げでパトカーを導入
白一色のジープだった
そのころの日本は、道路の舗装率が1割程度
雨が降るとぬかるむ、はねる、汚れるの繰り返しだった
白は汚れが目立つ
そこでアメリカのポリスカーを参考にした
アメリカ式に前後を黒にするのではなく、下半分を黒く塗装した
1955年、全国的に白黒に統一
 
白黒したことで、警察車両であることを分かりやすくするためでもあった

(0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク