バター味のピーナッツを食べると認知症予防に効果的

ピーナッツに多く含まれるレシチンは、体内で吸収され、
血液によって脳に運ばれると
記憶力を高めるアセチルコリンという物質に変わり、
脳の神経を刺激するため認知症予防に効果的と言われている
 
またバターに含まれるセリンは、アセチルコリンを活性化させる
さらに青のりに含まれる葉酸は、脳細胞の再生を促す効果がある
 
最近は、青のり入りのバターピーナッツが販売されている

(1)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク