ランドセルを日本で最初に作ったのは、伊藤博文

日本の小学生はランドセルを背負って登校するが、義務ではない
 
幕末、幕府が洋式軍隊制度を導入する際、
将兵の携行物を収納するための装備品として、
オランダからもたらされた背嚢が原型
その背嚢をオランダ語でランセルと言い、
それが訛って「ランドセル」になった
 
現在使っている革製のランドセルを日本で最初に作ったのが、
初代内閣総理大臣:伊藤博文
後の大正天皇が学習院初等科に入学されるときに
入学祝いの品として献上、
それがきっかけで世間に徐々に浸透して現在のような慣習が生まれた

(21)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク