太陽の塔には、幼少期バージョンがある

1970年、大阪万博で披露された岡本太郎の太陽の塔
●太陽の塔には、幼少期バージョンがある
 
その幼少期バージョンは、愛知県にある日本モンキーパークにある
看板には、“ひろびろとした丘の上に“若い太陽”が生まれる 日に日に新しく生まれ変わる われわれの生命の象徴 金色に輝く顔はおおらかにバイタリティを放射する 赤 青 緑の粧いは濃い青春の彩りである 岡本太郎”と書かれている
正式名称は、若い太陽の塔
1969年に完成した
大きさは26m
1年後に大阪万博で披露された太陽の塔は、70m

(153)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク