本来、松竹梅にはランクの違いはない

うなぎ屋などでランク分けす際に使われる松竹梅
一般的には、松が特上、竹が上、梅が並の意味を表すが、
●本来、松竹梅にはランクの違いはない
 
歳寒三友という言葉がある
冬の松竹梅が描かれた画題
松は冬でも枯れない、竹は冬でも伸びる、梅は冬でも花を咲かせる
元々は中国の思想家たちの中で、清らかに生きる姿を表す象徴だった
 
●松竹梅は寿司屋の気遣いからランクの違いを表すようになった
もともと寿司は、特上、上、並でランクを分類していた
日本人の習性として並とは言いづらい
並と言いづらい人のために特上、上、並を松竹梅に置き換えた
いつしか松竹梅にランクがあるかのように広まった

(3)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク