浦島太郎は、おとぎ話ではなく実在の話

苫小牧駒沢大学:林晃平 教授によると
●浦島太郎は、おとぎ話ではなく実在の話
 
日本書紀には、現在の京都府与謝郡官川村に
住んでいた実在の人物として記録がある
浦島太郎の本名は、水江浦嶋子
 
元々は、亀ではなく舟に乗り、
10日かけて女性を竜宮城へ送っていくと記されている
 
京都から舟で10日の場所に竜宮城があると考えられる
青森にはいくつもの浦島太郎の伝承が伝わっており、
鯵ヶ沢の沖合に竜宮城と思われる海底遺跡が眠っている
京都から青森の鰺ヶ沢までは600キロ
潮に乗れば着けない距離ではない
 
日本書紀に書かれている冒険談が、長い時を経て、
尾ひれがつき現在の浦島太郎の話になったかもしれない
 
青森には、浦島という地名がある
江戸時代の幕府の役人がその土地を調査した時の
記録:陸奥出羽並松前蝦夷巡見記 並名所旧跡陸海道法り細見によると、
“浦島太郎がこの場所にある森で釣りをした”と記されている

(871)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク