ペットボトルの牛乳が少ないワケ

●ペットボトルの牛乳が少ないワケ
 
牛乳は、他の飲み物よりも
栄養価が高い分、細菌が発生しやすい
常温に置くと、さらにその危険が増す
持ち運びやすいペットボトルで牛乳を販売すると、
常温で持ち運んでしまい、細菌が増殖する可能性がある
 
そのためペットボトルの牛乳は、製造できなかったが、
2007年、業界の働きかけで乳等省令改正し、
ペットボトルの牛乳の製造が認められ、
少なからずペットボトルの牛乳が商品化されている

(7)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク