砂肝の名前の由来は、本当に砂が入っているから

●砂肝の名前の由来は、本当に砂が入っているから
 
鳥類は、基本的に歯がない
噛まずに餌だけでなく砂も飲み込むので、
飲み込んだものをすり潰す臓器がある
それを砂嚢(砂肝)という
 
全ての鳥類が砂礫などを飲み込んでいるわけではないが、
砂礫を飲み込んで、砂嚢中でそれらを歯の代わりとして、
植物の種などの食べたものを砕き、消化の助けとする
砂嚢に飲み込まれている砂礫は胃石と呼ばれ、
咀嚼とあわせて胃の中を洗浄する機能も果たしている
 
砂で餌をすり潰す際についた強い筋肉が、砂肝特有の食感を生んでいる

(497)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク