「ん」の表記を発明したのは、空海

それまで「ん」という発音はあったかもしれないが、
日本語でも中国語でも表記する文字がなかった
 
それを発明したのが、弘法大師 空海
空海が学んだインドのサンスクリット語での
呪文を唱えるためには「ん」の発音ができないといけない
 
空海が作ったのは「阿吽」の「吽」
「吽」は「こう」と呼ばれていたが、
中国の文献に使われていないので
「吽」の発音を「ん」に改めた

(4)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク