校長先生は、昼前に生徒たちの給食の毒見を行う

●校長先生は、昼前に生徒たちの給食の毒見を行う
 
校長先生は、生徒が給食を食べる30分前に
食中毒などを防ぐため、給食に異常がないかチェックする仕事がある
学校給食法には、検食として記載されている
検食の方法
当日の給食については、学校給食調理場及び共同調理場の受配校において、あらかじめ責任者を定めて検食を行うこと
検食は、児童生徒の摂食開始時間の30分前までに行い、異常があった場合には、給食を中止する
30分前になると生徒を全く同じ量の給食が運ばれ、1品ずつ異常がないか入念にチェックしている

(1879)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク