睡眠のゴールデンタイムに寝ると肌に良いは、勘違い

多くの女性に知られている睡眠のゴールデンタイム
午後10時から午前2時の時間帯に一番多くの成長ホルモンが分泌されるので、
この時間帯に寝れば、肌に良いと知れているが、
 
●睡眠のゴールデンタイムに寝ると肌に良いは、勘違い
 
睡眠の質と成長ホルモンの分泌に関係があると
最近の研究で明らかになっている
成長ホルモンは寝ている時間帯ではなく
深い眠りにつける良質な睡眠で分泌される
大量の成長ホルモンが分泌されるのは、
深い睡眠に入ってから2時間まで
眠って2時間までに良質な睡眠が取れれば寝る時間は関係ない
 
また大人は睡眠が3時間以内だと病気のリスクが高まるため最低6時間
子どもは体の発達にも関係するので最低8時間の睡眠をとる必要がある
体調の管理をするために出勤時間から逆算すると
結果的に美肌のゴールデンタイムが
午後10時から午前2時となり、これが世間に広まった

(1)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク