肉じゃがは、元々ビーフシチューの失敗作だった

●肉じゃがは、元々ビーフシチューの失敗作だった
 
明治34年、東郷平八郎がビーフシチューを作ろうとしたが、
当時の日本では、材料に欠かせないバター、
デミグラスソース、ワインが入手困難
 
代わりに砂糖、醤油、ゴマ油など日本の調味料で
ビーフシチューの色を出そうと色々入れたところ、
ビーフシチューとは異なる料理が偶然 完成した

(0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク