童謡「肩たたき」に作詞家が込めた思い

♪母さん お肩を叩きましょう タントン タントン タントントン
1923年に発表された童謡「肩たたき」
リズミカルな繰り返しで楽しい歌だが、2番の歌詞は
♪母さん 白髪がありすね タントン タントン タントントン
「白髪がありますね」に作詞家:西條八十の悲しくも切ない思いが込められている
 
作詞家:西條八十の実家は、代々続いたお金持ち
しかし大正3年、八十の兄が実家から勝手に金品を持ち出し、芸者と失踪
親に迷惑をかける兄に腹を立てた八十は、短刀を手に殺害を企てる
だが兄を殺すことはできず、仕方なく八十が一人で家計を支えるが、
収入が安定せず、生活は苦しくなるばかり
そんな折、母親が緑内障を患い、失明した
苦労と心労の絶えない母の頭にいつしか白髪が生えくるように
自分ら子供が母に苦労をかけ、白髪を増やしてしまった、
そんな反省の気持ちが込められているという
 
童謡「肩たたき」が完成したその年、八十の2人目の娘が4歳で急死
亡くなった娘は、童謡「肩たたき」を歌うのが大好きだった

(515)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク