リンゴを1日1個食べると肺がんのリスクが低くなる

肺の病気の種類を確認するには、痰の色を見ることが大切
赤茶色の場合、血液を含んでいて肺がんや結核の可能性が考えられる
 
●非喫煙者の場合、男性よりも女性の方が1.3倍も肺がんになりやすい
その原因は、女性ホルモン:エストロゲン
エストロゲンには、肺がんのがん細胞を増殖させる作用がある
 
フィンランドのヘルシンキ国立公衆衛生研究所の調査によると
●リンゴを1日1個食べると肺がんのリスクが低くなる
リンゴに含まれているポリフェノールの抗酸化作用によって
肺がんのリスクを下げると考えられている
フィンランドで1万人を24年間追跡調査した結果、
リンゴを1日1個食べている人は、全く食べない人に比べて、
肺がんのリスクが58%も下がることが分かった

(38)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク