警察犬のほとんどは、一般家庭のペット

警察犬とは、犯罪捜査などのために特別に訓練された犬
優れた嗅覚を利用し、人の捜索や麻薬の探知など警察をサポートしている
 
●警察犬のほとんどは、一般家庭のペット
警察犬は、直轄警察犬と嘱託警察犬の2つに分かれており
直轄警察犬は、各都道府県の警察が飼育管理している
嘱託警察犬は、一般家庭や民間施設で飼育管理されている
日本にいる1371匹中、直轄警察犬は157匹しかおらず、
残り1214匹は、嘱託警察犬
一般家庭で買われている犬でも、毎年 各都道府県の警察が
主催する警察犬審査会に合格すれば警察犬として認められる
そして事件が起きたら警察の要請を受けて出動する
出動すると警察から3000円~1万円程度振り込まれる

(16)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク