飲んだ量と体重で酔っ払い度が分かる計算式

内科医:横山晴子によると
食前や酒を飲んでいる時に炭酸水を飲むと
炭酸によってアルコールの吸収を早める
●炭酸水は、お酒と一緒に飲むとアルコールの吸収を早める
イギリス マンチェスター大学の2007年の研究では、
ウオッカをストレートとソーダ割りで飲み比べたところ、
ソーダ割りは、半分の時間で体内に吸収されることが分かった
 
●飲んだ量と体重で酔っ払い度が分かる計算式
飲酒量(mℓ)×アルコール度数(%)/833×体重(㎏)=血中アルコール濃度(%)
血中アルコール濃度が
0.03%→爽快期:皮膚が赤くなり陽気になるレベル
0.05%→ほろ酔い期:手の動きが活発になる
0.16%→酩酊期:何度も同じことを話す
0.31%→泥酔期:意識がはっきりしない
0.41%→昏睡期:揺すっても起きない~死亡

(595)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク