日本の雪だるまのモデルは、だるま

日本の雪だるまは、2段だが、
海外の雪だるまは、オラフを代表するように3段
 
●日本の雪だるまのモデルは、だるま
江戸時代の雪だるまは、だるまそっくりで
人の背丈くらいあり、縁起物として作られていた
その後、作りやすさから現在の2段重ねの雪だるまになった
 
●海外の雪だるまのモデルは、人間
スノーマンと呼ばれており、人間がモデルとなっている
人間を表しているから頭、胴体、下半身の3段で構成されている
雪像として作られたので人に近い形となっている

(121)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク